【1/25-2/5】個展PEELING CITY 詳細

 

 

今月25日から吉祥寺book obscuraで始まる個展の最終ミーティングをして来ました。やっぱiPadProは色々捗りますなぁ・・・。

自分で言うのもなんですがとてもいい写真展になりそうです。豪華なクロストークもあるので、私が一番楽しみにしているかもしれません。

 

1/25(木)2/5(月)迄
book obscura ブックオブスキュラ https://bookobscura.com/
JR・京王井之頭線「吉祥寺駅」から徒歩10分

 

 

■イベント

1/23(土) レセプションパーティ 17:00〜

第一週目にパーティーを開催します。素敵な空間で写真に囲まれながら、ワイワイ楽しんでくださいませ。

どなたでも参加OKですので、気兼ねなくいらしてください。

チリコンカンを作って振る舞おうかなぁと計画中です(計画中です!)。

 

2/3(土)クロストーク、写真家はなぜ路上で写真を撮るのか

ゲスト:中藤毅彦(写真家)タカザワケンジ(写真評論家)

 

カメラオブスキュラが発明されてから現在に到るまで、ストリートスナップの歴史を貴重な写真集と共に振替しつつ、現在、そしてこれからのストリートスナップがどのように展開していくのか鼎談形式で話します。

これはかなり貴重な話が聞けると思います!

 

作者ステートメント

 

ドヤ街山谷で7年間、築地市場で2年半、実際に働きながら撮影してきたが、世間から見て特殊だと思われている場所も2020年のオリンピックに向けて均質化してきている。かつて山谷特有の問題だった孤独死なども、今やどこでも起こりうる問題となった様に、ドヤ街から表層的な現代社会に拡散し、問題そのものが見えづらくなっている。

 

かつて高梨豊氏が「東京人」を撮影した時に自らを景色の「拾い屋」と称したが、それは現代と比べ様々な問題が見えやす状態だったのだろう。山谷や築地市場での経験から、それらも東京を構成する1つの点に過ぎないと感じる様になった。

 

現代都市に拡散した諸問題の本質を見出すには、東京をより広く俯瞰的な視野で、表層を剥ぎ取る(PEEL)ように各所に潜む闇の本質を探らなければならないのだ。

 

 

 

 

It comments.










Track back Url of this Article
http://nerorism.jugem.jp/trackback/1850
Track Back