祝福の意味を込めて記念撮影

 

先日アート市場のリサーチの為にリブロアルテの一花さんと台湾に行ってきたが、どうにも台湾で撮った写真は自分で見ても下手くそ写真のオンパレードだった。数日しか滞在しなかったのもあるが、まぁ写真を撮るには肌が合わないのかもしれない。

 

地域性というのは曖昧ながらどこかそういう親和性に関係している。同じアジア圏でも北京は良かった所をみるに、なにがその差を産むのか考える必要がありそうだ。

 

台北駅の広場に座っていると、男性がひとりケーキを用意し、そわそわとした表情で電話をかけた。数分後ガールフレンドとおぼしき女の子が登場。別段周囲が騒ぐこともなく、台湾ではこういう光景が日常なのだろうか。ちょっと声をかけてみると、付き合って1年目のお祝いだそうだ。

 

祝福の意味を込めて記念撮影。

It comments.










Track back Url of this Article
http://nerorism.jugem.jp/trackback/1825
Track Back