なんでもないような夜が幸せだったと思う

 

なんでもない景色は、基準をどこに置くかによってなんでもなくなる。

It comments.










Track back Url of this Article
http://nerorism.jugem.jp/trackback/1784
Track Back