日ノ出町〜関内





 

Yokohama港町


関内、横浜。ぶらぶらと目的なく歩くにはいい街だ。ただ歌舞伎町みたいだけどかなり異質な街。変だというものに人々は一瞥するだけで無視する。どこもかしこもそんな社会。
 
 

たいてい横浜という街は綺麗な港街だというようになっているみたいだ。横浜に住んでいるモノとして横浜は片田舎の汚い街というイメージの方がしっくりくる。本来みなとみらいなんて作られたイメージであって本牧の方にまで足を運べば横浜らしさが少しは分かるものかもしれない。そういう自分も出身地を聞かれたときに神奈川ではなく、横浜と答えるのだからなにかしらの特別なイメージを持っているのだろうな。横浜という街の汚点はよそ者には見えない様になされているようにも思える。あの寿町だって中華街からすぐなわけで、ほんの一点をさして横浜は綺麗だなんていわれると少々もどかしさを覚えるのだ。




スナップにはストロボがかかせない。スナップであるけど撮影していることを顕示する。
ノーファインダーなんてたちが悪い。どうせやるならばしっといきたい。
光がないなら足せばいい。それだけのこと。

休日、横浜



つかの間の休日、というわけで久しぶりに地元横浜を撮って来た。僕の場合横浜を撮る時は大抵長者町と日ノ出町のJRAと関内駅に囲まれたエリアを撮りにいくのだけど、ちょっと気晴らしにみなとみらいの方まで行って来た。なんだか以上に人が多い。家から歩いて来た自分にはどうにも観光地YOKOHAMAが馴染めなく、観光案内を片手に歩いている人たちの会話を聞くと自分は部外者のようにも思えてしまう。頭の中では分っているのだけどなんともかんとも。人が多いのはどうやら横浜トリエンナーレが明日最終日を迎えるせいみたいだ。ちょっと見てみようかと思ったが、なんともいえぬ雰囲気にその場を立ち去りたい一心で中華街の方へ足をのばした。一旦足を止めると撮影中断しかねないのでおいしそうな肉まんはパスする。うーん、酔仙酒家の肉まんはおいしのだけどね。

中華街と寿町はかなり近い。観光客が間違って入ってしまってもおかしくないくらいの距離だ。山谷ばっか行ってこちらはご無沙汰気味だったので覗いてみる。ドヤ慣れしたのかカメラぶら下げて歩くのが平気になってしまった。これはいい事なのか、逆なのか。あまり慣れすぎるのも被写体を見つける眼を濁らせかねない。


ちょっと覗かないだけで寿だけでなく、色んな場所が変化していく。手帳にメモしているけど体一つじゃどうにもならずもどかしい。ともあれ今日は半日気ままに撮影して6Gにもなってしまった。まぁDP1のRAWファイルサイズがでかすぎるのもあるが、flickerに数枚あげておきますのでどーぞ。
JUGEMテーマ:写真


神奈川県



私はまぎれもない横浜人であり、神奈川に住んでいるという実感はそれほどないのだ。そういう横浜人は少なからずいるはずだ。出身地を聞かれても横浜というし、神奈川というと小田原だの三崎だのを連想してしまう。これは神戸でも同じらしく港町の特徴なのであろうか。実際横浜といっても交通機関のおかげで都心にでるにも一時間はかからないし、都心の一部だと思っている節がある。新宿〜品川〜と東海道を辿り、横浜≒新宿的な図式がある。ただこれは横浜から都心にかけてのエリアは全て考慮していないのだ。単純に欠落しているわけで、大森などに皆が精通しているわけでもない。私の意見は私見にすぎないので偏りがあるのは当然として自分なりの神奈川県のイメージを書いてみる。自分の県に対するイメージというものは他県の人には想像つかないモノが多く、この間も書いたが小林紀晴の東京装置を読んで地方出身者が抱く東京像に唖然としたものである。横浜といっても広いわけで、みなとみらい近辺とあざみ野辺りではかなりの差がある。

JUGEMテーマ:写真


続きを読む >>

横浜雑感

横浜って意外に地方都市なんですよね。丹野清志さんのシリーズ、地方都市、渋い名前だ。グリーンライン開通という話もあり、地元の駅も映画館の入った複合施設ができるとかとMIXIから情報を仕入れています。個人的にはもう少し京急のダイヤを改善してほしいと思います。詳しいことはわからないけど、快速を五分感覚にできないものかなと。電車の待ち時間をトータルしたら人生のどれくらいをしめるのかな。