オデッセイはなんと陳腐なのか。宇宙モノの映画でマイ・ベスト「Galaxy Quest」

最近特に宇宙や火星移住を題材にした映画が増えている。オデッセイやスターシップ・トゥルーパーズ、ゼロ・グラビティ等挙げればきりがない。特にCGによる美しい映像は年々現実と見間違えるほどに成長している。

 

しかしここでそれらに対していいたいことがある。

 

「それだけ金をかけておいて、なんて陳腐な!」と。

 

あくまで個人的異見であるが、オデッセイに関していえば映画館まで足を運んだものの、全体的な世界観は見事であるがストーリーが本当にため息が出るほどつまらない。捻りもなけれな現実味もない。それはそうだ、まだ人類が火星に降り立っていない時分、全てが似非ラごとなのである。

 

2001年宇宙の旅のように未来への夢を見せるというスタンスは素晴らしいことだと思う。ただ最近の宇宙映画はどこか、現実感を入れようとしてそれがかえって突っ込みどころ満載の陳腐感を醸し出す結果になっている。どうせ未知なる部分があるのであれば、とんでもない設定のほうが娯楽としては楽しめる。

 

先に上げた映画はどれも現実的にあり得る設定から逸脱しないことによってリアリティを出し、それが映画としての価値を付加させようとしているようだが、はっきりいって大失敗だ。オデッセイは劇場で本当に何度もため息がでたことか。

 

画像は「CinemaBlend」より

 

映画館にドキュメントを見に行っているわけではない。なんでじゃがいも栽培で命が助かるのか。下手に辻褄あわせをしようとしているあまり、無重力状態でも無事だったり、宇宙風だの水素水まがいの話がでてきて失笑極まりない。

 

と、ここまで書いて「オデッセイ」をディスっているのではという意見になりそうであるが、現実それが言いたいので仕方あるまい。

 

宇宙映画はトチ狂っている方がいい。

 

そんな中で個人的に一番楽しめるのは、この「Galaxy Quest」だ。この映画は圧力や磁場なんてどうでもいい、もっと宇宙て未知なる世界だよ、という気楽なスタンスがいい。ただストーリーはしっかりしているので楽しめる。個人的に見ていない方にはオススメの一本だ。

 

久しぶりに面白い映画を見たのでついついレビューもどきを書いてしまった。

 

 

Existence - Nao Tazawa


Nao Tazawa 
Existence

写真は私の昔の作品、OUTLINEのものを使っております。
是非ご視聴くださいませ。

YOKOHAMA -The Historic Future- 2011 スライドショー


先日まで横浜中山にある大蔵寺にて展示をいたしておりまして、最終日に本堂にて流したスライドショーをYouTubeにあげました。結構センチメンタルな感じになってしまったかなと思いますが、ワインとチーズを手に見るといいかもしれませんね。どうぞご覧になってください。

これ見ていて他の作品のも作ってみようかなと思ったり。

Birds


この時期になると渡り鳥だろうね、たくさん飛んでくるのです。僕の家の近くが竹林だというのとなんか関係あるのだろうか。NEXのモノクロモードでの撮ってだしです。大量発生というのはなにか不気味なものがありますね。

とちゅうでカンカンと音がしているのは近所のおじさんが鳥を追い払う為に電柱を何かでたたいている音です。


世界の車窓からのような



こんな天気なので。